003 五辻の家

Posted on

003_五辻の家   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五辻の家

西陣にある、大宮通りから北野天満宮東門までの東西通り「五辻通り」沿いに位置する平屋建てを、アーティストのシェアスタジオ「VOSTOK」へ改修。はす向かいは日本に唯一残る、織機部品のひとつ「杼屋」さん、お隣は西陣織の糸巻きのお宅。そんな界隈にある、築80年を超えるかつて西陣織工場だったこの物件は、間口に対して奥行きがはるかに長く、解体してみると、糸とともに木製プーリーなどの当時の設備が屋根裏に残されたままだった。幅3.6m奥行き25mという広さに必要な室や機能を当てはめていったと思われる、これまでのつくり方・使い方から、複数アーティストがそれぞれに制作をおこなうためのスペースを取れるよう、内壁を全て取り去り土間敷に。水道・シャワー・トイレなどの住居機能は道路側に設置した小屋にまとめ、共有スペースにした。また長い物件の魅力を生かすために、作品運搬用として入り口から奥庭までつながるレールを土間に仕込み、壁面や棚など、アーティストによって自由に設置される余白を充分に残した。

この物件をシェアするアーティスト
矢津吉隆(https://www.yazuyoshitaka.com
水木塁(http://mizukirui.net
田中秀和(http://tanakahidekazu.com/
笹岡由梨子(http://sasaokayurikoworks.wixsite.com/sasaokayuriko)
西條茜(https://akane-saijo.jimdo.com

 

名称:五辻の家
住所:京都市上京区
構造:木造平屋建
面積:約74.04㎡
用途:制作スタジオ
設計・施工:TANK + artists
写真:OMOTE Nobutada

[ 工事前写真 ]

002  壬生の家

Posted on

002_壬生の家   

 

 

壬生の家

現所有者が子供の頃住んでいた、築80年を超えるご実家を改装。1階部分を閉ざしていた高さのある木板の塀を撤去し、光を取り込んだ。また、四条通沿いからも印象的な風景を見せていた、密生する植木を整理した。傍を頻繁に車が通り抜けていく場所でもあるため、無垢のガードレールを塀の代わりに利用、土間の制作スペースへの視線を遮りながらも、閉ざしすぎないようにしている。以前の増築の際に、新たに使用された当時の新建材は必要に応じてはがし、かつて使われていた照明に再び明かりを灯した。

施工中に入居者が決まったため、新たな住み手・使い手となるそのクリエイターの意向にあわせたデザインが施されており、「支持体」としての性格は「五条の家」のときよりは控えめになっている。が、土間スペースは店舗使いも受け入れられるため、多様な可能性に開かれている。

 

名称:壬生の家
住所:京都市中京区
構造:木造2階建
面積:約72.71㎡
用途:居住用および制作スタジオ
設計:Loöwe+TANK
施工:Loöwe+TANK
施工協力:京都造形芸術大学ULTRA FACTORY
写真:OMOTE Nobutada

[ 工事前写真 ]
 

  

001_五条の家    *入居者の募集は終了しました。


 

以前は酒屋兼住居だった築70年を超える町家を改装。1階をアーティストの制作スペースとして使用できるよう床を撤去して土間にし、天井高を確保。壁面は意図的に「下地」のまま留めることで、新たに壁をつくったり絵をかけたりなど住み手が関われる余地を残した。玄関は通りに面して大きく開け放つことができるため搬入出もしやすく、土間空間と連続させて車庫としても使用可能。2階はワンルームで、作業台としても使える大きな備え付けのキッチンテーブルがありデスクワークにも対応。かつて防空壕だった空間や屋根裏空間を残しており、アイデア次第で面白い活用の仕方が様々に展開できる物件。

 
名称:五条の家
住所:京都市東山区
構造:木造2階建
面積:約66.57㎡
設備:駐車場・トイレ・浴室・収納・キッチン・土間・地下室
 
設計:Loöwe
施工:Loöwe+TANK
施工協力:京都造形芸術大学ULTRA FACTORY
写真:OMOTE Nobutada
 
[ 工事前写真 ]